レッスンの詳細はこちらからどうぞ

声区に関する用語~発声の仕組み24

  • passaggio(パッサージョまたはパッサッジョ) change(チェンジ)ー声区の転換点。イタリア語と英語の違いで意味は同じ。
  • acuto(アクート)ー鋭いという意味のイタリア語。パッサージョの上の高声区の声を明るく強い声で歌う歌い方。
  • girare(ジラーレ)ー回す、曲げるという意味のイタリア語。パッサージョを超えて声を出すときにやや下向きに声の方向を変えて歌うこと。日本語では「かぶせる」を使います。
  • chiuso(キューゾ)ー閉じるという意味のイタリア語。アクートと同じような意味で、パッサージョを超えた音をジラーレさせてキューゾできるとアクートの音になる。
  • aperto(アペルト)ー開くという意味のイタリア語。キューゾでありアペルトな声を出すというと訳が分からなくなりますが、発声ではアペルトは声帯を引き延ばす、キューゾは声門を閉じるという意味になります。 しかし、アペルト、キューゾは単にopen closeのような意味ですので、声帯を閉めすぎないようにという意味でアペルトが使われることもあります。