レッスンの詳細はこちらからどうぞ

パッサージョの位置~発声の仕組み25

女性の低い方のパッサージョ

 パッサージョは通常低い方は五線の中のDes(レ♭)からF(ファ)の間にあります。女性はとてもはっきりと音質が変わったり、ほとんどこの音程の音が使えない人もいます。さらに厚みのある声で歌うときにはパッサージョは引き上げられ、ソのあたりに来ることもあります。ポップスの女性歌手の場合はさらにB(シ♭)くらいまで引き上げられますが、パッサージョの下の音はアルトやメゾの歌手よりも軽い音で歌います。 カラオケの女性の曲は低いものが多いのはほどんどをこの音域で歌うためです。メゾ以下の声の人はこのパッサージョをうまく変化させられないと、舞台で歌えるような歌手にはなれません。

男性の低い方のパッサージョ

 男性はこの低い方のパッサージョはあまり目立ちません。しかし、テノールはこの辺の音域は意識してしっかり歌わないと聞こえなくなります。また低いバスの人にはまれにこのパッサージョで大きく声質が変わる人もいます。女性と同じようにしかりとした練習が必要になります。

女性の高い方のパッサージョ

 高い方はEs(ミ♭)からFis(ファ♯)あたりにあります。女性の場合は急激な変化はありませんが、ここでやや薄い声に変えられないとどうしてもそれ以上が難しくなるか苦しくなってしまいます。

男性の高い方のパッサージョ

 高い方のパッサージョを超えて歌おうとすると、ファルセットになることがあります。とても大きな変化になるところです。女性の低い方のパッサージョと同じようにファルセットが実声に近づくように、また実声がファルセットに近づくような発声になっていくことで、パッサージョより上の音が使えるようになることとなめらかにつながることを練習することになります。

声楽、発声レッスンの詳細はこちらです