レッスンの詳細はこちらからどうぞ

声門閉鎖しすぎると声は出なくなる?~発声のしくみ 18

声帯がきれいに閉じないと発声は難しい

 しっかりと声帯がくっついてすき間のない状態にすることは、発声では重要です。音声傷害で声が出なくなったり、出しづらくなるのは声帯の動きが悪くなり、声帯がしっかりとくっつかなくなるためです。多少力を入れすぎて発声しているよりも声帯がきれいに閉じない方がよっぽど問題があります。

強く声帯を閉じると声は出なくなる?

 ある時にレッスンで「声帯をしっかり閉じると全く声は出なくなりませんか?」という質問を受けたことがあります。なるほど、面白い質問だと思いました。確かにとても強い力で声帯を閉じることが出来れば、どんなに息を流して求められてしまい、全く声は出なくなります。しかし、そこまでしっかりと閉鎖させることは出来ません。唇をしっかり閉じても強く息を流すと歯の力を頼ったりしなければどうしても息は漏れてしまいます。声が出なくなるほど強く閉鎖は出来ません。

自分で考えてみること

 考えたこともなかったのですが、面白い質問だと思いますし、発声をよく理解できているのだと思います。声門閉鎖が大切なのはは真実ですが、そういうものだと受け入れるのではなく、色々考えて疑問を解決していく事は素晴らしいことだと思います。

声楽、発声レッスンの詳細はこちらです

お問い合わせはこちら