レッスンの詳細はこちらからどうぞ

犬の呼吸~練習例 6

  横隔膜の運動を把握するのに良い練習の一つです。犬が暑いときにハアハアと呼吸しますが、そのまねをしてみます。しばらく続けていくと慣れていくと思いま す。出来るようになったら、速くしたり、遅くしたり色々とコントロールしてみましょう。この時に動いているのが横隔膜です。

発声

 横隔膜の筋肉は不随意筋です。つまり意識的に動かそうと思っても動かない筋肉ですが、このように、他の筋肉の助けを借り て、随意筋のように自在に運動させることが出来ます。発声のための呼吸では、このように、横隔膜を自由にコントロールすることが一番難しいことであり、ま た重要なことです。

発声

 このように横隔膜を自覚できるようになってくると、意外と横隔膜の位置は高いことに気づきます。お腹というよりも肋骨の一番下といった方が近いと思います。お腹から声を出すとよく言いますが、おへそのあたりではなく、もう少し上に音を感じることになります。

声楽、発声レッスンの詳細はこちらです