レッスンの詳細はこちらからどうぞ

リーダークライス op.39~シューマン 1

2つのリーダークライス

 シューマンの歌曲集Liederkreis(リーダークライス)はop.24とop.39の2曲があり、ともに1840年に作曲されました。シューマンは この年まで、ほとんど歌曲は作曲していませんでしたが、この年に200数十曲の全歌曲のうち半数以上を作曲しました。苦難の末、この年にクララと結婚する ことになるのですが、このことと、それまでほとんどピアノ曲ばかり書いていたシューマンが、急にこれほどの濃密な歌曲作曲の時を過ごしたのはとても密接に 関係があります。とりわけあふれる思いを表現するのに、詩が必要だったのでしょう。

詩の選択

 アイヒェンドルフの詩によるこの歌曲集の詩の選択は、シューマン自身によるものではなく、クララがアイヒェンドルフの様々な作品からシューマンに書き写 して送ったものでした。そのため同じシューマンの「詩人の恋」とは違って一貫したストーリーはありません。
 曲の順序に関してはクララの送った順番ではなく、後にシューマンが並び替えたものです。

 演奏会でとても良く取り上げられる作品で、録音もたくさんあります。家にあるものだけでも、21種類ありました。次回から1曲ずつ曲の内容や、演奏法等をまとめてみようと思います。ぜひ楽譜を見ながら読んでみて下さい。

声楽、発声レッスンの詳細はこちらです

お問い合わせはこちら