レッスンの詳細はこちらからどうぞ

声の通り道~発声の目標8

あたり

 声帯の使い方を変化させながら必要な音程、音量、音色を作っていくのですが、そのときに「あたり」の位置を利用することがあります。しかし、どの「あたり」の位置も長所と短所の両方を持っていますので、たとえばあるときに自分にとって良いと思えるあたりの位置を見つけたからと言って、常にその位置にこだわり続けると、そのうちにバランスを欠くことになってしまいます。

声の通り道

 「あたり」と同じ考え方ですが、少し違った感覚で捉えてみましょう。「あたり」はどうしてもある1点に集める作業になりますので、バランスが難しくなります。そこで、声の通り道を考えてみます。口からある程度の幅の声が出ているを想像してみてください。その声の一番上のラインと一番下のラインを同時に感じてみます。

ハミング

 息がしっかり抜けるようなハミングをしてみます。少し高めの音を出すと、額の方に向けるようなラインを感じられると思います。これが一番上のラインです。逆に同じようなハミングで少し低めの音を出してみます。すると鎖骨の間を抜けるようなラインを感じることが出来ます。これが一番下のラインです。

 音の通り道をこのように感じてみたときに今出している音に上と下の両方の通り道を感じられるかどうかで、バランス良く声帯を使っているかの判断が出来ます。

 声帯はある程度引き延ばされている必要があるのですが、きれいに引き延ばされていると額の方にも鎖骨の間にも音の通り道を感じられます。どちらかに詰まった感じがあるときはその方向に伸ばされていないことになります。バランスの悪さを感じるときには是非試してみてください。

声楽、発声レッスンの詳細はこちらです

お問い合わせはこちら