本文へスキップ

川崎 川越 岡谷で声楽 発声、川崎でピアノのレッスンを行っています。

お問い合わせ
無料体験レッスンも随時募集しています。

発声について



腹筋運動は必要か?

  
 学校の合唱部の中にはジャージで集まって腹筋等の運動を取り入れているところもあるようです。歌うことはスポーツに似たところもありますので、体を作ること、健康でいることは大切です。さて、では腹筋運動をすることによって発声は良くなるのでしょうか?また、腹筋運動はしなくてはいけないのでしょうか?


発声

 結論から言うとあまり関係はありません。運動の方法にもよるかもしれませんが、通常腹筋を指す腹直筋(腹筋が割れてきたという時の筋肉)を鍛えても発声に直接関係はありません。逆に急激腹直筋がに堅くなると、横隔膜の運動は不自由になってしまうこともあります。


発声 

 横隔膜は声帯の状態の変化を助け、また安定させるのにとても重要ですが、コントロールが繊細に出来ることがより大切です。強くするより、コントロールです。横隔膜の役割の一つに横隔膜の収縮が強くなることにより、声門の閉鎖が強くなり、大きな声を作ることが出来ます。息の長さにも同様のことがいえるのですが、横隔膜の強さに比例して音量がアップするとしたら、基本的に男性の方が女性よりも大きな声がでることになります。混声の四重唱などは普通に歌うと男性の方が大きくなり、女性の声を聞こえなくしてしまうので、女性は大きめに、男性は小さめに歌うことが常に必要になりますが、全くそのようなことはありません。


 発声


 腹筋練習は全く無駄だと言うことでは無いと思いますが、頑張るとどんどん声が良くなってくるといったものではありません。逆に筋力が弱い人の場合、頑張りすぎるとあちこちが凝ってしまい、腹筋練習をしない方が良かったということもあります。基本的な体作りや健康のため以上の効果は期待しない方が良いでしょう。





BACK

バナースペース

川崎 川越 岡谷 塩尻で声楽 発声、川崎でピアノのレッスン

お問い合わせ

MAIL: kume@liederabend.net