本文へスキップ

川崎 川越 岡谷で声楽 発声、川崎でピアノのレッスンを行っています。

お問い合わせ
無料体験レッスンも随時募集しています。

プロフィール



ホームページをリニューアルしました。自動転送されます。



声楽 発声:久米 聖一

声楽

(プラハのレストランNostalgieにて)

 中学から始めた吹奏楽がきっかけになって、だんだん音楽に惹かれていきました。その頃はユーフォニアムを吹いていたの で、そのままユーフォニアム専攻で大学に入ったのですが、副科の勉強のために始めた声楽に徐々に興味が移っていきました。最初は牧野正人先生に師事し、と にかく音楽のおもしろさを教えて頂いたような気がします。理不尽な現実に目を回していた頃で、牧野先生に教えて頂いた音楽の自由さが、心と体と音楽のつな がりを始めて実感させてくれました。とても感謝しています。その後、森明彦先生の元でドイツリートを中心に勉強しました。森先生にはフスラー (Singenうたうことの著者)の理論に基づく発声を教えて頂きました。漠然としていた発声というものが、はっきりとした形を持つことが出来たのは先生のおかげでした。その後悪戦苦闘しながら音楽と付き合い続けています。


 現在ドイツリート中心に、フランス歌曲等も歌っています。言語が変わることによる音楽の違いに戸惑いながらも、興味深く感じています。


 また、個人レッスンを渋谷から田園都市線で20分ほどの宮崎台の自宅と、川越、岡谷、塩尻、また岡谷合唱団の指導等を行っています。教えることは私に とって、とても楽しい仕事です。歌うことに色々とトラブルを抱えていた方々が、徐々に解放されていくのに協力できるのはとても興味深いことです。興味のあ る方はぜひご連絡下さい。


 音楽以外では旅行が好きで(私にとってはこれも音楽をやることと違いはないのですが)、ヨーロッパの各地や、きれいな海を求めてタイのピピ島、沖縄、また日本各地、なぜか島が多いのですが、時間が許せばよく出かけます。


ピアノ:武田 正子

ピアノ

(自宅近くの公園にて)

 武蔵野音楽大学ピアノ科、東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコースを主席で卒業。1984年にショパンのピアノコンチェルト第1番を坂本和彦氏指揮で 神奈川フィルハーモニー管弦楽団と協演。神奈川県立音楽堂主宰によるオーディションに合格。第88回推薦音楽会に出演。1991年にモーツァルトのピアノ コンチェルト第21番を新田孝氏指揮で群馬シティフィルハーモニーオーケストラと協演。1997年まで母校尚美で、講師として授業とピアノレッスンの指導 を担当。

 1990年から現在までに5回のソロリサイタルを開催。その他器楽、声楽のコンサートの伴奏を務める。
2004年にパルマで行われた国際音楽アカデミーにて、D.ボールドウィン(ピアニスト)の歌曲クラスを伴奏者として受講。
 
 自宅でのピアノの個人レッスンは20歳から始め、第1回の発表会は私の生徒さん1人と友人の生徒さん2人のたった3人で催しました。今は立派なピアノ教師となった生徒さんと共に、毎年発表会を行っています。

バナースペース

川崎 川越 岡谷 塩尻で声楽 発声、川崎でピアノのレッスン

お問い合わせ

MAIL: kume@liederabend.net