本文へスキップ

川崎 川越 岡谷で声楽 発声、川崎でピアノのレッスンを行っています。

お問い合わせ
無料体験レッスンも随時募集しています。

声楽について



転調の仕方

 少しややこしいですが、転調の仕組みを書いていきます。
 長調と短調の転調から。まず同主転調。主音を変えずに長調から短調へ転調させる場合、例えばハ長調からハ短調のように変化させるときはフラットを3つ増やします。シャープ系の調号の場合はシャープを3つ減らしていきます。例えば、シャープ4つの調は1つに、シャープ2つの調はフラット1つに、フラット1つの調は4つに、といった具合に変えていきます。変イ長調(フラット4つ)これが短調になると、7つのフラット、つまりすべての音にフラットが付きます。フラットが多くてびっくりするかもしれませんが、変イ長調の同主短調と考えると、そう珍しくもありません。ファもドもフラットであり、これを同じ音だからと言って、シ、ミと書いてしまうと間違いになります。
 逆に短調から長調の場合はシャープを3つ増やします。フラット系の調性の場合はフラットを3つ消していきます。これら転調は3つ調号が増えたり減ったりしますので、見た目にも目立ちます。
 





 同じ長調と短調を行き来する転調に、調号を変えないものもあります。ハ長調からイ短調のように。この場合イ短調の特徴であるソ♯が臨時記号として加わって来ますので、見分けられると思います。これを平行調といいますが、同主調への転調に比べて、自然に移り変わる分、劇的な感じは薄れます。ハ長調が転調してソのシャープが付くまでは、シャープが3つ以上加わるような転調が必要になります。同主調への転調でもないのに急に3つシャープが付く転調はまれですので、平行調への転調の可能性が高くなります。





 次に属調転調とか属調転調を体験してみましょう。ピアノで白鍵だけ適当に弾いていくとハ長調の曲になります。途中でファをファ♯に変えると属調転調します。音楽が積極的になるのが感じられると思います。また逆にハ長調からシの音をシ♭に変えると下属調転調します。落ち着いた音楽になることが分かると思います
 

  

 最後にクラッシックではあまり出てきませんが、ポップスでサビの部分が繰り返されるときに突然長2度音が上げられることがあります。よく出てくる転調です。この場合はシャープを2つ増やして、すべて2度上げていきます。新しい要素での音楽の発展がもうできない、もしくはそうさせたくないのに、さらなる盛り上がりがほしいときに有効です。
 元が何調であれ、調号が1つ増減したり、3つ増減したりで、音楽の色合いを変えていくのが一番よく使われる転調です。転調が音楽にどのような変化をもたらしているのかが分かると、音楽はより自分に近づいてくるでしょう。

BACK


バナースペース

川崎 川越 岡谷 塩尻で声楽 発声、川崎でピアノのレッスン

お問い合わせ

MAIL: kume@liederabend.net