本文へスキップ

川崎 川越 岡谷で声楽 発声、川崎でピアノのレッスンを行っています。

お問い合わせ
無料体験レッスンも随時募集しています。

声楽について



声楽の発音(母音)

 声楽のレッスンでは言葉の発音について指摘されることも多くあります。外国語の場合は特に、正しい発音をすることは細やかな練習が必要になります。そしてある程度正しく発音できたら、はっきり発音するように、といった指示もよく聞かれると思います。





 言葉をはっきり発音するときに、子音を立ててと言われることもあります。言葉が明瞭じゃないと常に「子音を強く」と言ってしまう指導者も多いですが、まずは母音に注目をした方がよいように思います。母音がしっかりと存在感を持つこと。そうすると母音の発音にゆがみがあるときにも気づきやすくなります。  





 劇団「四季」でこの母音練習を徹底的にやっていると言うことを聞いたことがあります。例えばCaro mio benと歌う代わりにao io eのように母音だけにして、それを安定させるような練習です。これに固執しすぎると弊害が出てきますが、はっきりと言葉を伝えるには良い練習です。言葉がはっきりしないと指摘されたときには、是非やってみてください。

 

  

 弊害について説明しておきます。母音をはっきり発音させようとすると、そうでないときに比べて、声門閉鎖が強くなります。これが発声においてもプラスに働きますが、こればかりやり過ぎると、声帯の伸展が強い閉鎖に追いつかず、喉っぽい声になりやすいです。音が心地よいことと、言葉がはっきりすることが時折ぶつかります。バランスが大切です。

BACK


バナースペース

川崎 川越 岡谷 塩尻で声楽 発声、川崎でピアノのレッスン

お問い合わせ

MAIL: kume@liederabend.net